社会保険労務士について

社会保険労務士の誕生について

Smile

1947年(昭和22年)労働基準法や雇用保険法、労災保険が制定され、1961年(昭和36年)国民皆保険制度や国民年金が成立しました。そのため、労働保険や社会保険が発展しますが、制度が複雑化していき、中小企業側では、給付や申請などの事務手続きが厳しく困難になり、また、労使間の対立やストライキなどの問題に対応できる専門的な知識をもった専門家のニーズが高まり、1986年(昭和43年)に社会保険労務士法が議員立法により制定されました。それ以前では、行政書士という士業が業務を行っていましたが、現在は別の資格となってます。当時の行政書士は特認として、試験を受けずとも社会保険労務士の資格をもつことが認められていました。1998年(平成10年)に、申請した書類に対し審査請求、再審査請求といった業務を行なえるようになり、2007年(平成19年)に、労働紛争に伴う裁判外紛争手続きの代理業務を行うことができる特定社会保険労務士制度の導入、複数の社会保険労務士が共同で法人を設立できる、社会保険労務士法人が認められたこともあり、社会保険労務士が事業を拡大していく事例も増えてきています。また、近年では電子申請によりIT化が進んでいますが、まだまだ発展中であり、改革を続けている職業です。こういった歴史背景のもと誕生しました、社会保険労務士になるための講座を受講してみてはどうでしょうか。

社会保険労務士の報酬

Discussing

社会保険労務士の気になる年収や業務によっての報酬など気になるところを分析しました。経験を積んで営業力があれば高い年収も夢ではないです。その前に社会保険労務士になるための講座を受けよう。

Read More...

資格取得

Consultant

社会保険労務士の資格を取得するための勉強方法として通学講座が通信講座が迷う方は多いと思います。そこで各講座について調査した結果をこのサイトでご紹介しますのでご参考にしてください。

Read More...